幹部あいさつ

男子部主将:増田創史

いつもご支援、ご声援ありがとうございます。2019シーズン、主将を務めております、増田創史です。

男子部としての今シーズンの目標は、インカレM8+優勝です。昨シーズン、インカレこそ準優勝できたものの、シーズン を通して強豪私立大学との差を実感するシーズンでした。 常にこの差というものを意識しなが ら、目の前の練習や組織運営について全力を尽くして参りたいと思っております。

また、2019シーズンのスローガンは「シンカ」としました。今シーズンは我々の「真価」が問われる重要なシーズンであることを認識し、ボートそのものや端艇部という 組織への理解を「深化」させ、各々がひと回りもふた回りも「進化」したチームを作っていこうと考えております。そしてインカレの最終日、「真赤」に染まる戸田を、応援してくださる皆様にお見せします。

今後とも変わらぬご支援ご声援、よろしくお願いいたします。

女子部主将:西尾友伽

今年度女子部主将を務めることになりました、西尾友伽と申します。

女子部の今シーズンの目標は、昨年に引き続き「インカレ付きフォアで優勝」です。付きフォアで初代王者になることを掲げ、新たなことにも取り組んできた昨シーズンでしたが、6位という結果に終わりました。非常に悔しかったのと同時に、FAに進んだチームとのレベルの差も痛感しました。

残された時間は9ヶ月間と、例年に比べ短いですがその中で勝つためにやるべきことは全てやっていく覚悟です。「強かった代」ではなく「強くなりはじめた代」になる。女子部のテーマの1つだと思っています。目標達成のために求められる水準を把握し、何が必要なのかを自分達で考えそれを行動に移すサイクルを確立して強いチームの礎を築き上げること。また、タイムに、結果にこだわってここ数年の勝てない流れを、歴史を変える。今年のスローガンにもなっていますが、女子部も「シンカ」できる一年にしたいと思います。

これからもご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。

MGR長:百田彩乃

こんにちは。今シーズンマネージャー長を務めます、百田彩乃と申します。

現在、マネージャーは16名で活動しております。11の役職に分かれており、漕手の栄養・コンディション管理から組織の運営までその活動は多岐に渡ります。今シーズンのマネージャー内の目標に、漕手が全力を出し成長できる環境をつくるということを掲げました。そのためにあらゆる面で連携を大切にしながら“日本一”を共に目指して参ります。

今シーズンのスローガンは「シンカ」です。マネージャーはチームを見渡して主体的に動きながら私たち自身も「進化」し、その中で個々の「真価」が発揮できる組織を目指して参ります。マネージャーのシンカはチームの成長に繋がると信じてこれからも活動して参ります。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。