Menu

Captains' Messages

主将

黒川尚暉

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
さて、皆さんは晴れて一橋大生となられたわけですが、大学に入って何をしようと考えていますか?資格勉強、バイト、留学、、、大学生は今までの人生の中で本当に自由な時期だと思います。そこでみなさんは何を選択しますか。
私のアドバイスとしては何か目的を持った上で選択した方が、その選択は後々後悔しないものになりますし、後悔させないように自らが努力するようになると思います。
ボート部は「素人から日本一」を本気で目指す団体です。100名を超す部員のほとんどが大学からボートを始め、日々目標を見据え、仲間と切磋琢磨しながら練習に打ち込んでいます。
一橋大学というスポーツ推薦のない素人集団の国立大学が、経験者のエリート集団である私立大学に勝つ。私はこれを真剣に語る先輩の姿、実績から尋常でない絶対的な本気度を感じ、「勉強以外で自分の強みが欲しい」と思うようになりました。この軸にボート部の環境はぴったりだと思いました。
私はここまでのボート部生活、インカレ準優勝、日本代表選考への挑戦、海外遠征などボート部じゃなかったら絶対できない経験を数多くしました。
そうした経験を自分もしたいと共感できる人、家族のような温かい人たちに囲まれて大学生活を送りたい人。
こうした人たちは絶対ボート部の環境が自分を大きくしてくれます。間違いなく後悔しません。後悔させません。皆さんの挑戦を待っています!

女子部主将

横井七香

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんは今、新たに始まる大学生活に心を躍らせていることと思います。
さて、長いようで短い大学生活4年間、皆さんは何かやりたいことはありますか?私自身も3年間、たくさんの選択肢が目の前に広がっていた中、あれもこれもやってみたくて本当に悩みました。しかしそこで最後に選んだのはボート部に入ることでした。「自分もこうなりたい!」そう心から思える先輩方がボート部にはたくさんいたからです。日本一を本気で目指すボート部について、そして自分自身の成長について熱く語る先輩方の目は本当にキラキラ輝いていました。そんな姿に私はすっかり魅了され、いつしか憧れへと変わり、なりたい自分になれるのはボート部しかない、そう思って入部を決めました。実際に入部してみると、言葉などでは言い表せないような、自らの想像を遥かに超えた、魅力あふれる世界がそこには広がっていました。
だから今はあの時の選択は間違っていなかったと自信を持って言うことができます。
ボート部の練習は確かに大変な場面も多いです。しかし、それでも頑張ろうと思える環境がここにあります。そして苦楽を共に乗り越える仲間がここにはたくさんいます。本気で取り組むからこそ得られる一生ものがここにはたくさんあるのです。
皆さんがボート部の一員となり、チーム一橋として共に戦える日が来ることを、心から楽しみにしています。