Menu

Captains' Messages

男子部主将

寺原隆史

「大学生としての期間をどのようにして過ごすのか」
きっと新入生のみなさんは入学が決まってから今日までの間、このことを考えていたのではないでしょうか。当然のことながら、この問いに正解は存在しません。たくさんの団体等からの勧誘を受け、友人とも相談しながら、自分なりの道を模索していくと思います。もともと興味のあることややってみたいことをするもよし、遊んで楽しく過ごすもよし、あまり考えずに巡りあったものに合わせるもよし、何もしないもよし、憧れに挑戦するもよし。ぜひたくさんの情報を得て、確かめ、考えて、自分で納得したうえで道を選んでください。
一橋大学ボート部は、素人が4年間で日本一に本気で挑戦している団体です。ほとんどの部員が大学からボートを始めるのですが、みなでともに生活し切磋琢磨しながら、経験者揃いの強豪大学に勝って日本一になるという目標に向かって練習に打ち込んでいます。ここでなら本気で高い目標に挑戦できると思い私も入部し、その目標に本気で挑戦する先輩や同期、後輩に囲まれ、ここまでの3年間はとても充実した濃い時間になっていると言いきれますし、ボート部でないと経験できないような数多くの経験をすることもできました。さらに、一橋大学ボート部は長い歴史のある団体でもあり、非常に多くの先輩方がOB・OGとして私たちの活動を支え見守ってくださっており、社会に出てからも多くのつながりを感じることのできる幅広さも備わっています。
もちろん高い目標に向かい挑戦するため、苦しいときやつらいときもあります。でも志を同じくする家族のような仲間が必ず支えてくれます。また、大学生の期間はスポーツに打ち込める最後の機会でもあります。ここには仲間とともに本気の挑戦をしたい人、ここまでの話を読んで少しでも興味を感じた人を迎え入れる準備、成長できる環境が整っています。何かに本気で夢中になりたい、かけがえのない仲間や経験がほしいというあなたはぜひ部員と話をしたり、イベントに参加したりしてみてください。
皆さんの熱い挑戦を待っています!

女子部主将

塚田眞帆

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!
皆さんにとって大学生活はどのようなものでしょうか。キラキラしていて自由で楽しくて…。長い受験勉強を頑張った分、ワクワクにあふれた生活を思い浮かべている人が多いのではないでしょうか。
私も入学時は大学生らしい大学生活を描いていました。サークルに行きながらバイトをして旅行三昧のキラキラした大学生活です。体育会、しかも寮生活のバチバチの体育会であるボート部なんて一番あり得ない選択肢でした。しかしボート部の新歓イベントに参加する度に、一緒に合宿生活をしているからこそ醸し出されるボート部特有の温かい空気感や、日本一を本気で目指しているからこそ感じられる先輩方の芯の強さに惹かれていき、気づけば入部を決めていました。
振り返ると最初に思い描いた大学生活とは異なる4年間ですが、あの時の選択を後悔したことはありません。本気でやっているからこそ上手くいかず辛いこともありますが、その分つかみ取った達成感や喜びは莫大です。苦楽を共にする中で友達の域を超えた仲間も得られます。ほかにも、並大抵ではめげない体力や精神力、今まで感じたことのない感情の振り幅、1つのことに向き合い続ける経験など、ボート部で得たものは一生の財産になるはずです。
しかしここまで読んで、自分は違うと、敬遠してしまう人もいるでしょう。今までがどうだったかなんて、関係ありません。皆0から始めるここでなら、仲間と共に本気で取り組む中で、新たな自分に出会えます。あっという間の4年間、私たちと一緒に、自分の限界に挑戦してみませんか。
大学生活は自由ですが、だからこそ、どのように過ごしても同じ時間が流れます。そしてその4年という月日は、入学時に思っていたよりずっと、あっという間です。
新入生の皆さん、密度の濃い最速の4年間を送りませんか。ボート部はいつでも皆さんをお待ちしています。

マネージャー長

小川翔子

新入生の皆さんご入学おめでとうございます!
大学生活は「人生で最も自由な時間」と言っても過言ではありません。アルバイトに打ち込むもよし、勉強・留学に捧げるもよし、サークルで楽しむもよし、です!
そんな中、わたしは「体育会ボート部で日本一を目指す」を選びました!なぜなら、「スポーツでチーム一丸となって日本一をとる」なんて経験は今後の人生で出来ないのではないか?と考えたからです。
大抵のことは、社会人になっても、定年退職後にでも、強い意志があれば意外とできてしまいます。だからこそ、「今しかできないこと」を大学生活で存分に楽しむことをおすすめします!
そういう意味ではスポーツで日本一を目指すなんて本当に今しかできないようなことですよね。もっといえば、ボートのことなんて全く知らない素人でも、今から日本一を目指せるなんて、なんなら「ここでしか」できないことだと思います。
ここでひとつ、「部活のマネージャー」に対する世の中の偏見を払拭しておきたいと思います!笑
マネージャーは「お世話係」ではありません。選手と二人三脚で走る仲間です。選手のコンディショニングから組織の運営まで徹底的にマネジメントしていきます。だから「manager」なのです。練習着を洗ったり、ドリンクを作ったりすることは選手が自分でやります。私自身、本当のことを言うと、「部活のマネージャーができる人ってすごいなぁ、全然理解できない!」というタイプでした笑 
しかし、一橋大学ボート部のマネージャーを見て、私の思っているマネージャーは、マネージャーの本質をついていないということに気付いたのです。そして今、私は「マネージャー」として最高の仲間と日本一を目指して活動しています。
ちょっとよくわからないけど面白そうと思ったそこのあなた!面白そうでもないけどなんだか気になるなぁと思ったそこのあなた!ちょっと怖いけど飛び込んでみたい気もするそこのあなた!ぜひ、一度でもいいから一橋ボート部の新歓に遊びにきてみてください。
最高の笑顔で迎え入れます!笑